2025年までに150万台

カリフォルニア州は全米でも自動車の排気ガスによる大気汚染がひどい州である。

州政府は排気ガスが出ない車(ZEV : Zero Emission Vehicle)の導入を進めている。

ブラウン知事は2025年までにZEVを150万台州内で走らせるという目標を掲げている。

下のグラフはNRELによる2025年までのZEVの到達目標である(カリフォルニア)。

2016043001

かなり弓なりではあるが、「充電インフラの整備」「価格の低下」「走行距離の伸び」が3点セットでこれから10年かけて進むと思われるので、まあ実現可能な数字かなとは思う。

なお、テスラのModel 3は3週間で40万台の予約を集めたとのこと。このうち2/3以上はカリフォルニア州かと思われるが仮に30万台のModel 3が2018年から2年かけて(15万台/年)納車され、このペースが2025年まで8年間続くとすると、15万台x8年=120万台となる。

「取らぬ狸」ではあるが。

こちらは、年間ZEV販売台数予測(カリフォルニア)。2025年には年間40万台のZEVが販売されるという予想になっている。

2016043002

by 阪口幸雄